RSS | ATOM | SEARCH
耕起始まりました

 

 

4月28日 日当たりが良くても吹く風は肌寒い一日です。

小松憲司農場ではいよいよ今春の田んぼの耕起が始まりました。

クボタトラクター46馬力 耕起ロータリー幅2.0m 往復で4mを

耕してきます。ロータリーの上には有機「米の精」の肥料を同時に散布していきます。

 

「米の精」はハーモニーウオーターの力で大量に発生する微生物のエサになり

この微生物の力で地力を高め、美味しいお米を作りあげる役目をします。

 

 

author:CREEK, category:稲作, 12:30
comments(0), -
小松憲司農場の育苗(ハーモニーウオーターを利用)

 

 

 

 小松憲司農場では今年から

 ハーモニーウオーターで浸種始めました。

 見事にキレイに発芽しています。

 [あきたこまちの発芽の様子]

 4月23日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 白っぽかった苗が緑色になり

 見事に出揃った苗と

 プール育苗の様子 4月23日

  ここに約2haの田んぼがあります。

 秋に耕起をしているので、乾土効果で

 好気性微生物が雪の下で働き

 豊な土壌になっています。

 春の耕起には、トラクターに私も実際に

 乗って耕させてもらいます。

 

 田植後ハーモニーウオーターを200/10a

  流し込みをします。

 

 大仙市地区小松憲司農場の様子

 

 

 

 

 

author:CREEK, category:稲作, 18:22
comments(0), -
環境を汚染しない農産物生産の取り組み

 

今年は天候が不順で晴れが少なく刈り取り作業が

渡辺農場では遅れています。(秋田県全般でもそのようです)

 

台風21号の被害も少なく、晴れが続いた一日を刈り取り作業が行われています。

ハーモニーウオーターを利用した農業で化学肥料削減と収量・品質向上を目指した

農業が渡辺農場ではおこなわれています。

 

昨年は230項目の残留農薬ゼロを達成し、食味値が81点の高いスコアーを獲得。

今年はさらにネオニコチノイド系農薬を含めた378項目の残留農薬ゼロを

目指した農業がおこなわれています。

 

 

 

author:CREEK, category:稲作, 10:26
comments(0), -
STS Sky-725利用の稲作 渡辺農場の今

 

STSハーモニーウオーターで稲作が今年も始まった。

 

渡辺農場の渡辺さんは一番緊張するこの時期に発芽を慎重に見守っている。

5月中に18haに植え付けを終らせて6月にはSTSの技術でハウス栽培(ピーマン)で

成功している山崎さんの農場を見学を計画している。

 

この山崎さんも一昨年渡辺さんの農場を見学して、作業場の整理整頓からハーモニーウオーターの

稲作への応用を見てSky-725の導入を決定したとのこと。

 

品質・収量・食味とも申し分ない山崎農場ではJAも驚く結果が出ている。

 

 

 

 

 

 

author:CREEK, category:稲作, 12:48
comments(0), -
驚いた味!わたなべ米と清酒「和一郎」

 

STSプロジェクト社ではハーモニーウオーターを利用して栽培したお米 

 

あきたこまち「わたなべ米」の

 

精米歩合90%、その名も純米酒「和一郎」を作り、多くの会員がこのたび 味わう事ができました。

 

精米歩合90%と言うのは、通常家庭で食べる白米の状態の事です。

 

純米大吟醸酒は精米歩合40〜50%、しかも専用の酒米ですから、90%というのは、

 

お酒用には精米されてはいないのがお分かりいただけると思います。

 

しかしその味は大きく超えていました。ハーモニーウオーターとわたなべ米のなせる技です。

 

ラベルの一言です

 

秋田の酒蔵と農家の技と心を合わせて

 

正に、百薬の長を表す日本酒ができ上りました。

 

最高の水で仕込み、大和魂を持った

 

力強い秋田人から取ったその名は「和一郎」。

 

米と水と酵母が奏でる味わいを

 

お楽しみください。

 

水とお米のなせる技に乾杯!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:CREEK, category:稲作, 18:51
comments(0), -