RSS | ATOM | SEARCH
比内地鶏飼育農場(堀内陽光ファーム)で空撮

 

堀内さんからの依頼で新しく鶏舎(比内地鶏)を

増設したので撮影して欲しいと空撮依頼がありました。

 

従来年間4000羽の出荷羽数が倍以上の出荷羽数になります。

 

堀内さんと飼育担当の堀内さんの実姉の小川さんです。

堀内さんの農場ではハーモニーウオーターを

飲ませて元気な比内地鶏を飼育しています。

 

 

鶏舎ではヒナの入った時からの様子が

記録されています。

ハーモニーウオーターを使って発酵させた

モミ米サイレージSGS(ソフトグレインサイレージ)

を食べさせていて平均の体重は3300グラムになるそうです。

発酵して良質な飼料になっているSGS

 

オスの場合はその約倍の重さになると言ってました。

 

比内地鶏は大変警戒心が強い鶏なので

近寄ってくる事がないのですが

堀内さんの農場の比内地鶏はこちらが驚くほど

近くに寄ってきてくれました。

 

一番びっくりしたのは

死亡する鶏が他の農場と比較して

圧倒的に少ない事です。

 

ハーモニーウオーターを飲んで育つ比内地鶏は

コクシジウム症の発症もほとんど無く

圧死などの事故も少ないとの事です。

また、鶏舎の臭いも気になりません。

 

 

堀内さんの比内地鶏は

福岡の寿司割烹店の歌幸さんでも

ご利用頂いており好評を得ています。

http://www.utakou.jp

 

 

また、秋の新米が出た頃から新年にかけて

キリタンポセットにして

当社(CREEK)からも

全国のお客様に出荷され

大変好評を得ています。

 

 

 

author:CREEK, category:畜産, 21:51
comments(0), -
ゆりファーム ゆりふれあい牧場訪問

 

蠅罎螢侫 璽猴佑管理している

ゆりふれあい牧場を訪問しました。

鳥海山が見える広大な牧草地の中にあり

ブランド牛の秋田由利牛を飼育しています。

初夏の心地よい風の中ドローンで空撮です。

 

 

ゆりファームでは

Sky−725 ハーモニーウオーターを利用して

TMRプラントで飼料製造をおこなっています。

SGS(ソフトグレインサイレージ)にも

優れた発酵を手助けする

ハーモニーウオーターが大活躍です。

 

写真はプラント内でのミキシングマシーンで作業の様子です。

 

 

プラントにはSky−725を設置してミキシング作業

とともに飼料の中にハーモニーウオーターを加えていきます。

 

写真Sky−725

 

 

ハーモニーウオーターの特長は

81種類の酵素の働きと41種類の

ミネラルの働きがある水に

水道水が生まれ変わり蛇口から出てくる事です。

 

特長は高い発酵能力にあります。

これにより、常在菌(土着菌)の働きを助け

発酵促進していきます。

 

 

 

飼料米の活用で安心な飼料が県内外の畜産農家

に供給されています。

 

ハーモニーウオーターのもう一つの特長は

酸化(腐敗)しない事に特長があります。

 

写真は稲わらホールクロップサイレージの

保存テスト3か月後の様子です。

右側のびんの中はカビでいっぱいになっていますが、

左は発酵がすすみ一部酵母も見られます。

これと同じようにサイレージの二次発酵を抑えて

良質な飼料が出来上がってきます。

 

ハーモニーウオーターには電子マイナスエレクトロンの

量が天文学的にあり、水道の蛇口をひねると出てきます。

これを、適切な水分量になるように散布(加水)します。

これにより、通常は酸化(腐敗)に向かう飼料が

電子を与えられる事で還元の状態になり

腐敗が抑えられて良質な飼料製造が可能になります。

 

好気性でも嫌気性でも働く通性嫌気性菌の働きを

ハイドライド化されたSky−725 ハーモニーウオーター

が十分に発揮させる事でこのような結果を得られます。

 

 

 

 

 

 

author:CREEK, category:畜産, 22:45
comments(0), -
Sky-725ご利用農場訪問しました

 

 

Sky−725ご利用のお客様の

農場を訪問しました。

 

屋根にでっかく秋田由利牛の文字が

大変印象的な牧場です。

すぐ横に高速道が通り、車で走ると

どうしても目が行ってしまいます。

 

 

 

鳥海山の山ふところで育つ黒毛和牛牧場です。

ここではSky-725からでる

ハーモニーウオーターを365日

牛に飲ませています。

 

農場前も個性的な看板でお出迎えしてくれます。

 

 

堆肥処理も切り返をして

良質な堆肥生産が行われています。

春先には近隣の水田農家さんへの

供給もしていて、うまいお米が

こちらの牧場の良質堆肥で

生産されています。

 

 

この牧場で飼われた和牛は

市場に出荷される時に

市場の水は飲まないんだよ!

とご主人は言われます。

 

ハーモニーウオーターのおいしさを

牛たちはよくわかっているのですね。

そして牛舎内の臭いが気にならず

快適な環境の中で牛たちが

ゆっくりと育っています。

 

 

明日から牧草の刈り取りを始めるところに

お邪魔しました。

 

ハーモニーウオーターを牧草の

収穫時にロールしているところに

散布すると二次発酵がしない

優れたサイレージ作りが出来ています。

 

好気性・嫌気性の条件下でも働く

通性嫌気性菌の働きが

良質は飼料(サイレージ)を作り上げます。

 

 

author:CREEK, category:畜産, 22:30
comments(0), -
広大な農場風景 飼料貯蔵に必要な嫌気性発酵の力

岩手の酪農地帯はとにかく広大です。

小岩井農場の近くの大牧草地帯。

ここは若かりし頃トラクターに乗って

走り抜けていました。

 

牧草機械とトラクターの営業をしていたので

土を起こす事(プラウ耕)や牧草の刈り取りから

収穫作業まで、まずは自分の身体で覚えて農家の方に

指導していく必要があったからです。

でも実際は教えられていました(笑)

 

収穫した牧草は貯蔵をしていかなければなりません。

密封状態の中で発酵させる嫌気性発酵が必要です。

失敗すると2次発酵につながり大変な事になります。

せっかくの大切な飼料が無駄になり冬期間のエサが

無くなってしまいます。

 

この時の経験からハーモニーウオーターの発酵させる

力の素晴らしさを身に染みて感じています。

短時間で発酵がすすみ、香ばしい飼料に変わってきます。

開封したと同時に牛たちが喜んでいるのがわかります。

これもすべてバクテリアと呼ばれている微生物の力を

ハーモニーウオーターが引き出すからです。

 

写真左は滝沢市の花平地区の畑

右は雫石の美味しいジェラートのお店の「松ぼっくり」

牛をかたどったベンチが愛嬌があります。

ここを経営している松原牧場さんも当時お世話に

なった方の一人です。

 

今、STSプロジェクトのハーモニーウオーターが

農業に大きく貢献できる事で農家の皆様の笑顔をみるのが

なによりもの私自身の喜びを感じる時でもあります。

 

 

author:CREEK, category:畜産, 09:54
comments(0), -
由利原高原の堀内さんの牧草地の様子

 

鳥海山を望む由利原高原の堀内さんの牧草地に行ってきました。

堀内さんからは福岡の博多メシ男厨さんにお米「ひとめぼれ」を毎月発送いただいています。

ここで採れた牧草は堀内さんの飼育する由利牛のエサになり良質の堆肥を

生産してくれ、田んぼに有機物として還元しています。

 

堀内さんはハーモニーウオーターを田んぼに流し込みをしていて

化学肥料や農薬の使用をおさえた農業を行っています。

 

ハーモニーウオーターは土中の微生物の働きを活発にして豊な土壌にします。

微生物は有機物(堆肥)を餌に働き団粒化構造の土壌にして、田んぼでも

畑でも化学肥料を抑えて、良質の農産物の生産を行う事ができます。

 

久しぶりの牧草地の訪問でしたが、風力発電の風車が立ち並び

下で作業中のトラクターはまるでミニチュアのようでした。

 

 

author:CREEK, category:畜産, 20:55
comments(0), -