RSS | ATOM | SEARCH
ハーモニーウオーターでアスパラ栽培

 

横手市佐々木農場のアスパラ

 

昨年の夏にダウンバーストと言われる突風に襲われました。

立ち上がっていたアスパラの茎が倒れて

今年の春アスパラの収穫が50%減と大きな影響を与えました。

 

 

この時期に農場で畑にハーモニーウオーターで希釈した

特製溶液を散布しました。

(酵母菌39種類の入ったアルファ39とヨーグルト)

 

土の中で酵母と乳酸菌がビタミンやミネラル、アミノ酸を作ります。

とても美味しいアスパラになります。

 

 

 

最新の映像はこちらです。

茎を立ち上げ立茎の状態です。

新しい葉がキレイにそろっています。

佐々木さんは、新しい葉の濃い緑とキレイさは

今まで見た事がないと驚いていました。

 

 

これはアスパラのオスの花です。

メスの花は今年は意外と少ないとの事です。

メスが多いと実が多くつき

アスパラの生育にも影響するようです。

 

 

そして今まで無かった事の一つに

葉が上を向いている事だと言います。

葉が見事にバンザイのように

手を上に向けて広げています。

 

アスパラ栽培始める前には葉が上を向く栽培を

しなさいと指導されていたとのことですが

今年初めて出来たので驚いています。

 

これもハーモニーウオーターとアルファ39とヨーグルト

の成果ではと、これからの夏場の収穫に期待を寄せていました。

author:CREEK, category:畑作, 12:45
comments(0), -
ハーモニーウオーターでにんにく栽培・収穫

昨年(2015年)の暮れにようやく道の駅でみつけた種ニンニク。

残ってた最後の一袋で品質は決して良くなく一片の大きさもまちまち。

 

植付けは地植えで12月中旬。遅かったので、発芽を心配したけれどたっぷりとハーモニーウオーター(HW)をかけて春をまった。

 

翌年春(2016)きちんと発芽してきたので、ほぼ毎日(HW)を灌水。

6月18日に収穫したら、植えたのは普通サイズのニンニクなのにジャンボを超えた大きさに育った。

ちなみにスーパーで買った青森産と比較してみた。

 

生産価格に付加価値を付けるHWの力新しい農業への道をあらためて感じた。

 

※肥料は植付け時にイセファームさんの発酵鶏糞を一回施肥。化学肥料は一切使わなかった。

 

 

 

author:CREEK, category:畑作, 20:22
comments(0), -