RSS | ATOM | SEARCH
珍しい天日干し(はさがけ)

 

はさがけ風景(小松憲司農場)

 

天日干し風景です。

ここからブータン国王に献上されます。

刈り取りから約2週間 こうして天日で

乾燥してから脱穀作業に入ります。

 

author:CREEK, category:稲作, 17:16
comments(0), -
最新ヘリとお米の刈り取り風景

 

最新の無人ヘリコプターが格納されている小松さんの格納庫。

 

 

そして、今ではなかなか見られないバインダーでの稲刈り風景。

 

新と旧が存在する小松さんの稲作風景です。

 

バインダーで刈り取った稲は天日乾燥(はさがけ)され

秋の天気で美味しさが凝縮されてきます。

コンバインで一気に刈り取りされるお米ですが、手間暇を

かけてこうして大事に収穫がおこなわれています。

小松さんはブータン国まで出かけて秋田の稲作の様子を

説明してきました。

 

毎年、大曲花火米グループで

ブータン国王に特別栽培米を作り献上しています。

 

 

author:CREEK, category:稲作, 16:28
comments(0), -
ハーモニーウオーター流し込みしました

 

小松憲司農場の稲は順調に生育しています。

「米の精」と呼ばれている

有機質肥料主体で栽培しています。

しかも、37株植えなので

よその田んぼと比べるとなんと

さみしいことか・・?

稲の間隔が広いと風通しも良く

光合成が活発になり病気も

かかりずらい丈夫な稲に育ちます。

 

秋田県では60株から70株植え/1坪あたり

が農協や農機具メーカーの指導もあり

多く行われています。

ちなみに左の田んぼは50株植えの

隣の農家さんの圃場です。

6月5日時点の様子

 

1か月もすると生育が進み、あまりよその農場との違いが

分からなくなります。

 

ハーモニーウオーターを流し込みすると

水の中の嫌気性微生物の働きを高め

大気中の窒素N2を取り入れて窒素固定が行われます。

化学肥料に頼らない地力を利用した美味しいお米作りが

可能になってきます。

 

流し込み中の小松さん 6月26日

 

10アールあたり200リットルの

ハーモニーウオーターを流し込みます。

 

同じハーモニーウオーターを利用している

渡辺農場では昨年の化学肥料使用量は

従来より70%減だと言っています。

今年は更に減らしているとの事です。

 

 

大地のもっている力を利用しておこなっている

農業をSTSバイオクオーク農法と言い

日本の各地で水田だけでなく野菜、果樹、ハウス栽培でも

多くの実績を残しています。

 

 

author:CREEK, category:稲作, 22:51
comments(0), -
わたなべ米 渡辺農場田植直前。

 

渡辺農場のハーモニーウオーターを使用して浸種したあきたこまち、プール育苗で丈夫に育っています。

 

渡辺農場では浸種に48時間、催芽(芽出し作業)に15時間と通常の作業にかかる時間(積算温度100度)

の常識を破る作業を行っています。

播種作業では水を使わない播種作業をおこない、小学生の女の子でも軽く簡単に作業が行えるようしています。

だから作業場は汚れずきれいで、音楽が流れる作業風景は他所では見られない様子です。

農業の3Kは行わないを基本ポリシーとして持っていて、誰でもが、安全に楽にきれいに作業が出来る環境

造りをしています。

 

 

 

 

author:CREEK, category:稲作, 22:20
comments(0), -
育苗最終段階の苗

 

 

 

 

ハーモニーウオーターのプール育苗で順調に進んでいる小松憲司農場の苗の様子です。

プールの水の濁りも少なくキレイなハウスの環境です。

プール育苗とは、今でこそ多くの水田農家さんが行っていますが、小松さんがここ大曲地区では

誰も初めていない頃からこの方法に取り組んでいたとの事です。

 

小松さんは今まで、何度も、何度も苗作りに失敗した経験があると言って笑っていました。

今だから言える苦い経験談のようです。

その経験をもとに良い苗作りへの自信につながっているようです。

 

一方、渡辺農場では数年前、細菌がつく病気が発生し大変な状況を見てきました。

ここ小松憲司農場でも同じように限りない経験を積んできたようです。

 

失敗すると後戻りが出来ない農作物の生産です。

ハーモニーウオーター農業の仲間の皆さんは口をそろえて言っているのは

農業を40年間やってきても、たがだか40回しか経験をしていないという事です。

失敗の経験を少なくするためには、仲間一人一人が失敗の原因を共有できて、その原因を

無くすことが出来れば、失敗の確立は極端に減ってくる事につながってきます。

 

秋田では水田・果樹・酪農・肉牛・比内地鶏・畑作とSkyシリーズ利用の農家の

生産者の方々がいます。

様々な農業形態で情報共有できるよう、農業部会を設けて情報交換できるように

しています。

 

なぜ、農業でハーモニーウオーターはこれだけ結果を残しているか・・?

私もこの技術を紹介している一人として、農家の皆さんの喜ぶ顔をみる

のが楽しみです。なによりも作った野菜でもお米でも果物でも牛乳でも

すべてが別格の味を味わえる喜びがあります。

 

本物の農業がここにあります。この美味しさを多くの方に味わっていただければ

と思っていますので準備ができ次第、購入方法はご案内したいと検討中です。

 

 

 

 

 

 

 

author:CREEK, category:稲作, 21:57
comments(0), -